So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の似て非なるもの [語彙]

望ましい      nozomashii
No! おぞましい   noozomashii


nice!(0)  コメント(0) 

 [語彙]

イタリアに行ってぐっと身近になったのは、%でした。

% -> per cento -> 100当たり。 cento はイタリア語で100。

なるほど。

56% は、100当たり56。100分の56ということです。

と思っていたら出会ったのが 

per mille -> 1000当たり。

256‰ -> 1000分の256

最近はIT用語として CPM (Cost per mille)というものもあるそうです。ネット広告で、1000回表示当たりのコストのことだそうです。

‰ で紛らわしいのは、文末に来た時にフォントによっては、%。なのか なのか紛らわしいことです。

 


nice!(0)  コメント(0) 

今日のお恥ずかし [語彙]

今日のと言いつつ、月曜のものしり英語塾だったでしょうか。

名字は英語で surname

私は今の今まで、sir name だと思っていました。

本をあまり読まない私は、会話でそのような場面に会うことはあっても、文字で見ることはありませんでした。

ああ恥ずかしい。

さて、surname です。

手元のジーニアス英和辞典(電子辞書)には、
名詞 1.姓、名字 2.あだ名、異名
動詞 あだ名[異名]をつける

とあります。

sur はフランス語の sur (上)という意味です。

フランス語でも surnom は、あだ名、異名
イタリア語では、soprannome  となります。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(1) 

今日の語彙 [語彙]

1.似ている音

練馬車庫(ねりましゃこ) = 森昌子(もりまさこ)

 

2.そのうち違った意味で使われ始めるかも知れない言葉

立ちはだかる

彼は洗い場と脱衣場の間に立ちはだかっていた。

(誤) 裸で立っていること

 

3.音で聞いていると良く分からない言葉 ZURA

彼はTONZURA した

(誤)彼は、豚のような顔をした。 豚面(とんづら)
(誤)彼は、豚のようなかつらをした。 豚ヅラ(とんづら)

そう言えば、甲州弁(山梨)では、語尾に ZURA を使うそうです。
妻Rの母が甲府の出身です。

彼はカツラです。-> 「彼は ZURAZURA」

日本語表記は、「彼はづらずら」となると思うのですが、「づ」と「ず」の発音を分けているか興味があります。

 

 4.回文

母の日の母(ははのひのはは)

同様のものに、父の日の父

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

モノローグ [語彙]

木曜日。11時退社。

11時に会社を出て良いことは、11時台の一連のラジオ講座が聞けることです。
(都営地下鉄はAMラジオが聴けるのです)

では今日のモノローグを聞いてみましょう。
では今日のダイアローグを聞いてみましょう。

モノローグ、ダイアローグ。

ローグ(言葉)を使った単語が浮かんできます。

エピローグプロローグ、くつろぐ、たじろぐ。

ん?

他に日本語で「ろぐ」で終わる言葉は?

英語で「ローグ」で終わる言葉を探したらポンポン出たのに、日本語だと出てこないのはどうしてでしょう。

1.日本語の検索辞書が頭の中で文頭一致検索しかできなくなっているが、英語は文末一致検索もできる
2.英語のローグ(言葉)というパーツがきちんと理解されていて、個別の単語を覚える際に、そのパーツが強く意識されていることで、インデックスがついている。
3.たまたまた「ろぐ」で終わる日本語が他にほとんど無い。

妻に「ろぐ」で終わる日本語を訪ねてみました。

「すごろぐ」「いちにさんしごろぐ」

うーん。さらに疲れがどっと出ました。
妻に肩をもんでもらいました。

妻「胸が大きいと肩がこるみたいよ。。。。。。知らないけど。」

笑わせていただきました。




nice!(0)  コメント(0) 

ソバ屋 [語彙]

日曜に渋谷で井の頭線からJRに向かう途中、ソバ屋が目に入った。

私「それにしても、ソバ屋の名前はどれもこれも和風な名前が多いね。フランス料理のレストランで『松尾』と名前をつけても違和感はないのに、ソバ屋で『ジョルジュ・サンク』とか、『そば アントニオ』とか言うとしっくり来ないね」

そして二人はソバ屋に合う横文字の名前を探し始めたのでした。

かなり経って、

妻(フランス語風に)「サヴァ・ソヴァ」

これはなかなかイケてます。

などと思っていたら今日、「砂場そば」という文字を発見。

よく調べたら「すなばそば」で「さばそば」では無かったのですけれど、また妻の鋭い勘の勝利かと思われた瞬間でした。

Wikipediaによれば、

砂場(すなば)は、蕎麦屋の老舗のひとつ。蕎麦屋の老舗としては、更科、藪とあわせて3系列が並べられることが多い。

とのことです。

69.2kg  16.9%  (夕食後のおまんじゅうが原因)

 


nice!(0)  コメント(0) 

今日の語彙 [語彙]

1.音も似ていて、ひょっとしたら意味も似ているもの

機能性食品 -> 気のせい食品

2.大丸のケーキ売り場で思わず後ずさり

Yさんの誕生日だったので、昼休みに大丸までケーキを買いに行きました。
デパ地下をグルグルと回っていたのですが、その中でみつけた看板

Nina's
derrière

とありました。

derrière はフランス語でお尻のこと。

すなわち、「ニーナのお尻」という看板でした。

英語でも derriereは使うようです。

後からネットで調べると、紅茶ニナスという名で、ケーキ類をドゥリエールという名で売っているような感じです。

 

3.今日の変換ミス

備忘価額 -> 美貌科学

経理マンのパソコンとしてあるまじき変換ミス。。。。

4.社名の由来

転職斡旋のイムカ株式会社という会社があります。

どこから来たのでしょう。
医務課でしょうか。

思うに創業者が信心深い仏教徒で、仏の力を「仏力」と書いて、引き延ばして「イムカ」としたのではないでしょうか。

5.商品名の由来

給湯室にあった、花王のキッチン・ハイター (漂白剤です)

ハイターって何でしょう?

1.お皿はきれいになったけれど、床は掃いたぁ?
2.間違えて飲んだら、吐いたぁ。
3.漂白効果で前よりももっと真っ白に。whiter ほわいたぁー。

正解は4番。
wikipediaによると
ドイツ語の、heiter(ハイター)からきている。意味は(晴れた、澄んだ)である。漂白して、真っ白に仕上がると、気分も晴れ晴れしくなると言う意味にも受け取れて、名称に用いられた。
とのことです。

花王のサイトでは、アドレスが heiter ではなく haiter になっていましたが。 

69.4kg  15.8%

 

 


nice!(0)  コメント(1) 

小ネタは続くよどこまでも [語彙]

今日の回文

奇抜な椿(きばつなつばき)

(アフリカで初めてシマウマを食べて) シマウマ美味し (しまうまうまし)

(京都で初めて八ツ橋を食べて) 八ツ橋初や! (やつはしはつや)

横井さん、サイコーよ (よこいさんさいこよ)

良い子は来いよ (よいこはこいよ)

 

今日のルー大柴

足音-> フットの音-> footnote(フットノート)->脚注

 

今日のなぞなぞ

寒空にふるえている旅行者の持っているカバンのメーカーは?

サムソナイト (寒そうな人)

 


nice!(0)  コメント(0) 

小悪魔的 (2) [語彙]

会社の同僚に、「小悪魔的」で思い浮かぶイメージを聞いてみました。

・チョイ悪
・八重歯
ミニスカート
・カーリーヘアー
・白エプロン

みんなイメージする物は違うようです。

以前コケティッシュについて記事を書きました。

コケティッシュというのが近い意味かなと思ったのですが、良い意味では使わないのでしょうかね。

会社のティッシュボックスの周りに苔でも生やそうかと。

ところで昨日は、悪魔 devil のことを書きましたが、小悪魔的と言うからには、形容詞を探さないといけません。

はて。

devil の形容詞形は?

辞書には devilish とありましたが、diabolic の方が良いですね。(「良い」の意味が良く分かりませんが)

イタリア語では、名詞がdiavolo 形容詞が diabolico

v が bに転化するんですね。規則性はあるのかしらん?

最近「メタボリック->メタボ」という短縮形が流行っているので、似ている物を探していたところです。

旦那はメタボで奥さんディアボというところでしょうか。

 

 


 

 


nice!(0)  コメント(0) 

小悪魔的 [語彙]

「小悪魔的」というのは、どういうニュアンスでしょう。
「可愛い感じで、ちょっとひどいやつ」というところでしょうか。

「小悪魔的」から想像する女性のイメージを書け

などという問題が出たら、答は収斂していくのでしょうか。

ここで「女性」と書きましたが、小悪魔的男性というのはあり得ないのでしょうか。

外国語でも言うのでしょうか。小悪魔? small devil ?

She is a small devil. などと(日本人が)言うと、シー・イズ・ア・スモール・デブ になりそうな感じ。
(意味不明。やや疲れ気味です。お許しください)

新婚の●さんとの会話

私「●さんの奥さんって、どんな感じ?」
●「そうですねぇ。小悪魔って感じですかね」
私「(小悪魔萌ぇ~) へぇー。それは魅力的ですね」
●「??そうですか??」

話が合わないと思ったら、どうやら●さんの奥さんは、身体ががっしりして、声も大きく、怒り出すと怖いそうです。

小悪魔ではなく、こわいクマさん(こわクマ)のことだったようです。






nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。