So-net無料ブログ作成
検索選択

NHKラジオ講座 [外国語]

心をあらためて、今月からNHKラジオ講座のテキストを「読んで」います。(イタリア語フランス語)

放送時間が合わないので「録音してまでは」ということになり、読んでます。

イタリア語は基礎を疎かにしたまま実践に入ってしまったので、5月号の入門編でも発見があったりします。(情けない)

5/17の発音練習で出てきた単語 「coniuge 配偶者」

電子辞書で近くを探すと

coniugale 婚姻の、夫婦
coniugare (動詞を)変化させる、活用させる -> coniugarsi (再帰動詞) 結婚する

結婚すると人は変わるんですよ。

「さいきどうし」と書いて変換させたら、「再起動し」と出ました。
パソコンの反応としては妥当なものだと思いました。
外国語好きの私のパソコンとしては情けない反応だと思いました。

仕方がないので「さいき」で区切って変換したら、「再起動詞」と出ました。
今に見ておれ。と再起を誓う。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

今年度の外国語勉強の目標 [外国語]

決算も終わって一ヶ月経って、そろそろ前向きなことでもやり始めようかと。
(首が硬い私は、向いている方が前で、常に前向きなのですけれど)

今年も既に半分過ぎてしまったので、「今年」とせずに、「今年度」としましょう。

目標は宣言してしまうと達成する/しやすくなる/引っ込みがつかなくなると言うことですが、最近忘れっぽいので。。。

・今年はイタリア語をやります。
->上期は読む、聞く、を中心に、イタリア語のサビ落とし。
->下期は学校に通います。
・これまで読み散らかした外国語学習本について、再読してまとめる作業を開始します。
->メルマガなど検討中。


nice!(0)  コメント(0) 

Google が、言語横断検索エンジンをローンチ [外国語]

TechCrunch Japanese アーカイブ » Googleが言語横断検索エンジンをローンチへ。検索語と結果をリアルタイムで翻訳

最初見た時、「言語道断検索エンジン」と見えて、面白かったです。

検索の結果があまりにおちゃらけていたり、あり得なかったりする、「言語道断検索エンジン」も是非開発していただきたいです。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

東京国際ブックフェア 招待券来ました [外国語]

第14回 東京国際ブックフェア - 本の仕入・注文・購入、著作権取引に絶好の場です。

一般公開は7/7(土)、7/8(日)です。
ホームページから無料招待券の申し込みができます。(招待券が無いと、1,200円です)

何年か前から開催時期が変更になり、四半期決算(の為の休日出勤)とぶつかるようになってしまいました。

今回も7/7にダッシュで行って、二時間くらいで会社に向かうというパターンになりそうです。

これまでは、大修館、白水社の、イタリア語フランス語関連参考書を中心に狙ってきていますが、今回の方針は未定です。

会場までの電車賃が高いので、元を取るためについつい買いすぎてしまいます。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

それにしても [外国語]

「毎日毎日、語学ネタでブログを書いている私はすごい!!」 と思っておりました。

今日読み終えた「知的ストレッチ入門

(158ページ)そもそも、ブログを毎日欠かさず更新し続けられる人は、一部のプロか、決壊寸前の問題をたくさん抱えていたか、書くのが相当に速いか、それを仕事の1つにしているか、よほど暇なのか、私事なのに勤務時間中にやっているか、のどれかでしょう。

私はきっと、よほど暇なのでしょう。

暇な私におつきあい頂き、ありがとうございます。

他方、言語に興味がありながら、言語学という王道を行かず、一般書を読み重ねるだけの自分には反省すべき点ありと考えております。

核心に迫らず、その周囲をいつもグルグル回っているだけなので、逆にネタが切れないということなのでしょう。

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る


nice!(0)  コメント(1) 

五十音 その2 [外国語]

先日の五十音の記事に、kaiokoさんから素敵なコメントをいただきました。

もし日本の「50の音」に色をつけてみるならば、なにか論理的、規則的なものが見つかるかもしれないし、もっと感覚的な発見もありそうだなと思いました。

素敵ですね。

5x10の文字の一マスずつをそれぞれ塗りつぶしてしまうのではなく、濃淡を付けて模様にしたりすることも可能でしょう。
そこにはもはや文字は存在せず。

同様に、音を割り付けていくこともできるでしょう。

文字表記であれ、音声であれ、いずれにしてもメッセージの手段です。

それが単純な音になったり、口笛になったりしても構わないでしょう。
ダンスで会話しても良いでしょう。

手話は外国語/言語の研究で良く取り上げられるそうです。
我々が知っている、日本語をベースにした手話と、全く異なる文法体系の手話と、日本には二つあるそうです。

裏に文法があるので、あまり違和感がないのかも知れませんが、表面だけ見れば、それはまさしく手のサインで会話をしていることになります。

私には音楽の才能はないのですが、ジャズプレーヤーのアドリブの掛け合いなど、手話と同様なレベルで、言語/コミュニケーション手段としての研究の題材となっても何の不思議もないと思います。

話を五十音表に戻すと、私が興味を持っているのは、「いつ頃からこの五十音表ができたのか」ということです。

この5X10の枠組みができたことで、音の体系に変化もあったのではないかと想像します。

ところどころに表れていた、五つの母音の枠組みに収まらなかった母音が、やがて五つのうち近い母音に吸収されたとか。

あるいは元素記号の周期表のように、「ここにはこのような音が来るはずだ」として、新しい音が作られたとか。

興味深いです。


nice!(0)  コメント(5) 

電子辞書のくせに [外国語]

動詞の活用できないみたいです。

去年買ったのですけれど。
お知らせはこちら

うーむ。修理か。


nice!(0)  コメント(0) 

五十音 [外国語]

先日読み終えた、「不実な美女か、貞淑な醜女か」に、五十音の話がありました。

(引用開始)
(127ページ)われわれごく普通の平均的に日本人は、平仮名、片仮名にな加えて、千字余りの漢字を書き、三千字以上の漢字を読むことを苦もなくやっているが、アルファベット二十六文字しかないのに、識字率の低い国の人々から見ると、これは謎らしい。

(131ページ)日本語を表す五十の、それぞれは意味をもたない文字が、難なくすんなりと身についてしまうのは、「あいうえお」の配列が、極めて論理的、規則的だからである。

(135ページ)それにしても、千年もの昔に、日本語を表す四十七の文字を、羅列するのではなく、意味とリズムとイメージストーリーをもった歌にして並べてくれた「いろはにほへと」の作者は、既に記憶力の秘訣を熟知していたのである。脱帽。

(引用ここまで)

ローマ字/英語を習った後に見ると、五十音表は縦軸の五つの母音と横軸の子音とでできた音の体系に一瞬思えるのですが、そうではないようです。

英語にあるが五十音表に無い音を書き込んだり、カナではなくアルファベット表記で書き込んだりしていくと、面白そうな感じです。

わ行の、wi,wuwe,wo の音が昔はあったのでしょうし(今でも「を」を「wo」と発音する地域があるようですし)、さ行は、「し」の音だけ「sh」となっている(「si」の音で発音する地域もあるらしい)とか、や行の「yi」という音を「i」とどうやって発音し分けようかとか。

「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」とか。(これは何度か記事に書きました)

中学校での英語の発音指導などに使えませんでしょうか。

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か


nice!(0)  コメント(1) 

我が輩の辞書に [外国語]

「我が輩の辞書に不可能という文字はない」というナポレオンの言葉があります。

原文はどうだったか考えると、私の普通の頭では、「There is no word "impossible in my dictionary.」くらいにしかならないのですが、英語では

Impossible is a word only to be found in the dictionary of fools.

となるようです。

先週の「ものしり英語塾」でやっていました。

「不可能という言葉は愚か者の辞書にしか見つからない」

しかし、これではナポレオンの辞書に不可能という単語があったかどうかは分かりません。
ナポレオンが愚か者かどうかについて述べられていないからです。

さらに遡ったフランス語の原文は

Impossible n'est pas français.

らしいです。

「不可能はフランス語ではない」
「不可能はフランス人らしくない」

??


nice!(0)  コメント(3) 

NHKラジオ講座 [外国語]

1.
ものしり英語塾で、日本の歌のタイトルの英語訳を募集していると言う記事を書きました。
こちら

前回の課題は「こまっちゃうナ」(山本リンダ)だったのですが、今回は「私の城下町」(小柳ルミ子)です。

ということで、早速挑戦してみたいと思います。

(I) wanna see no joker'll match it. (ワナシノジョーカー(l)マッチ(t))
どいつの切り札(ジョーカー)も、これにかなわないと良いのだが

あるいは

What does she know? Joker'll match it.

2.
一部でテキストのダウンロード販売も始まったようです。
dテキスト

語学CDのダウンロードも一部で始まったようです。
http://www.nhk-sc.or.jp/gogaku/haisin/






nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。