So-net無料ブログ作成
検索選択

2006年回顧とごあいさつ [ごあいさつ]

部屋の掃除も終わらない前に大晦日です。(まだ取りかかってもいないのですが)

1年間の記事をざっと読み直し、今年を振り返っておりました。

回顧
今年の目標として、逐語通訳勉強、文法・語彙の強化、などと年初に書いていました。

逐語通訳は全く手つかず。
文法・語彙は、文法書や単語集・辞書通読ではなく、もう一つのカギの多読によりある程度カバーされたような気がしています。

それとは別に、「カリスマ外国語学習者になる」などと意味不明な目標を立てていたようですが、これは評価が難しいです。

「三カ国語で十冠」という目標は、2002-2005の試験で達成したのですが、最後の二つの試験の結果発表が2006年にずれたので、今年の達成事項としても良いでしょう。

通訳翻訳ジャーナルの6月号に4ページのインタビュー記事を書いていただき、「カリスマ外国語学習者」に向けての小さな一歩となりました。

生寅の会を開催し、ブログを読んでいただいている皆さんを中心に、語学学習について語りあう機会を何度か持つことが出来ました。

「SSS英語学習法研究会」と多読を発見したのは、大きなイベントでした。
多読が持つ説明不能なポテンシャル、さらには「こどもシャドーイング」。
それ以外にも、掲示板には不思議な投稿が満載で、外国語学習についていろんなことを考えさせられます。

「Le Monde を読む会」では、文法事項を再確認しながら精読のトレーニングをさせていただきました。

「外国語の発音 = 筋トレ」という発想に沿って、「未来塾」「ジングルズ」のお試し講座に参加したのも刺激的でした。

来年も多読は続けるものの、文法・語彙の強化はそれとは別に行いたいと思いますし、アウトプットのトレーニング、特に冠詞などの日本語に存在しないためにインプットの際に無視/軽視されているものをどのように身につけるかを気にしながらのトレーニングを行いたいと思います。

お願い
一人で考えていると、どうしても考えが狭くなります。
ブログへの書き込み、生寅の会でのコメントをこれまで以上にお願いしたいと思います。
また、語学学習関連の本で面白いものがありましたら、是非ご照会ください。

来年もブログの内容を充実させて、現在の一日平均180人のアクセスが、二倍、三倍、十倍に増えたらうれしいです。
友達10人にご紹介いただき、さらには一日一回、ページ左上の英語ブログのボタンを押して、私のランキングを押し上げていただき、そのうち出版社の目に触れて、本はベストセラーになり、ガッポガッポなどという皮算用をしております。

お知らせ
・リンクのところに、「アマゾンの寅」を作成しました。
このブログで紹介した語学関連書をまとめようとしています。

・ページ左下の方にメール機能を付けました。

それでは来年も「語学の方程式」をよろしくお願いいたします。




nice!(0)  コメント(5) 

ハリーポッター アズカバンの囚人 [読む]

ハリーポッターを読んでいます。
第二巻はフランス語で読みましたが、第三巻はイタリア語で。
電子辞書も届きましたので、さらに気持ちよく読めると思います。

さて、表紙を開くと、「イタリア語訳への注」というページがあります。

1ページだけなのですが、そこに書いてあるのは、「Harry Potterで使われている言葉、名前には言葉遊びがあるので、訳する際に原書のものをそのまま使ったものと、変更したものがある」というものです。

例えば、
Minerva McGonagall -> McGranitt
Albus Dumbledore -> Silente
四つのクラスの名前
Grifondoro/Serpeverde/Tassorosso/Corvonero
などとなっています。

第四巻は英語で読もうと思っていたのですが、誰が誰で何が何かを確認しないと、話がつながらなくなりそうです。

Harry Potter E il Prigioniero D'Azkaban

Harry Potter E il Prigioniero D'Azkaban


nice!(0)  コメント(2) 

おもちゃ届く [お知らせ]

1.注文していた電子手帳が届きました。
カシオEx-wordのXD-ST7400です。
本体メモリーに仏和・和仏辞典(プチロワイヤル)をインストールして、非常に快調です。
1GBまでのSDカードに対応しているので、スペイン語、ドイツ語などもそのうち追加しようと思います。

2.携帯買いました。
電磁波対策もあり、PHSを購入しました。
これまでの、(こどもと犯罪者しか使わない)プリペイド携帯からようやく卒業です。
おぉー、カメラが付いている!!
おぉー、ロングメールが途中でぶち切れない!!
おぉー、ネットにもつながる!!
マニュアルが200ページもあって、使いこなせるかしらん。
新しい番号とメールアドレスにつきましては、ご照会ください。


nice!(0)  コメント(0) 

芸能人/有名人 [語彙]

1.ルー大柴

ルー大柴のブログが人気らしいです。
それより驚いたのは、ルー大柴のファンのことを、ルーマニアと呼ぶらしいと言うことでした。
ルーマニアの人が聞いたら驚くでしょう。

2.葉月里緒奈
12時からの、水谷豊主演の、相棒スペシャル[再] 「汚れある悪戯~身代金5億円をバラ撒け!史上最大の誘拐事件」を見ていました。
このシリーズはなかなか面白くて、時々見ています。

2006年の元日に放送されたものの再放送らしいですが、犯人役で葉月里緒奈が出ていました。

いろいろスキャンダルもあったようですが、きれいな女優さんですね。

里緒菜(2004年に里緒奈と改名)と言う名前が良いです。

RIONA という音が、「り」+「いーおんな」で出来ています。(かなりのこじつけ)

美人になって欲しいなら、里緒菜と名付けましょう。

名字が飛木(とびき)さんだったら、飛木里緒菜(とびっきりいい女)で最高です。

でも名字が園川(そのかわ)さんだったら、(スキャンダラスだけれど)園川里緒菜(その代わりいい女)となります。

3.佐藤ゆかり(国会議員) おまけ

佐藤ゆかりさんの顔はカバちゃんに似ています。


nice!(0)  コメント(0) 

メモ [メモ]

自分用のメモです

準備中の記事
・多読で話せるようになるか
・多読と多聴
・女性は良い匂いがするのにおじさんは臭いのは何故か
・ルモンドを読む会の課題の単語調べ
・BINGOカードと訳語と意味と英英辞典と英和辞典と
・アジる
・めくるめく
・まつげフェチ
・faim と soif
・blessed Mary

準備中の企画
・生寅の会 忘年会 in Tokyo
・生寅の会 in 松江 (出雲大社、足立美術館、玉造温泉)
・来年のネタ帳を買う


nice!(0) 

惜しげもなく [語彙]

すっかり寒くなりました。

冷え性の私にはつらい季節で、こう寒いと神保町から大手町の朝のウォーキングもつい億劫になり、最近はいつも地下鉄です。

先日も、神保町の駅で改札を出ずに乗り換えに向かう「根性無し」の私の前を、ミニスカート制服の女子高生が横切っていきました。

寒くないのかしらん。

「その健康的な脚を惜しげもなくさらして。。。」

などというフレーズが頭に浮かんだのですが、その次の瞬間、頭の中で考えがグルグル回り始めました。

「惜しげもなく」といフレーズの裏には、「本来は惜しむべきである」という前提があり、さらに押し進めると、「さらす/見せるのなら、お金を取れ」みたいな感じになります。
ひっくり返すと、「そんなの見せてもらったら『良いもの見せていただきました』という感じだ」ということになります。

このように分析すると、私は単なるスケベ中年オヤジになってしまうのですが、実態は決してそうではなく、単に語彙の選択に間違いがあったということです。

(と言いつつ、ピッタリの語彙が一週間経った今でも浮かんでこない私は、やはり単なるスケベ中年オヤジなのかも知れないのですが)


nice!(0)  コメント(2) 

総合英語 Forest [文法]

ふとしたことで、Amazon で「総合英語Forest 第4版」という文法書を発見し、非常に評判が良い中で新刊が入手できず、中古が定価を超えて売り買いされているのを目撃しました。

ブックオフで買って、高く売ろうと企てた私は、間違えて「高校総合英語Forest」というものを買ってしまったのでありました。

一昨日、近所のブックオフで「総合英語Forest 第4版」を見つけた私は、ドキドキしながら買って帰り、Amazonで叩き売ろうとしたら

何と!!

第5版が発売になっていました。
それで第4版が市場に出てきたのでしょう。

ブックオフで買った「高校総合英語Forest」と、「総合英語Forest 第4版」。
二冊に払ったお金があったら、第5版を定価で買えました。

反省。

いずれにせよ評判が高いようなので、第4版を通読してみたいと思います。


総合英語Forest

総合英語Forest


nice!(0)  コメント(2) 

パターンプラクティスは死んだのか 続 [話す]

とは言っても、私が英語ができるようになったのが、パターンプラクティスだけのおかげだと言うわけには行きません。
そこが外国語学習について語る時に問題となります。

純粋にパターンプラクティスだけをやらせて、長期にわたって観察するという実験は、時間もかかりますし、被験者の貴重な時間/外国語を学ぶ機会を奪うという点からは、実施が難しいのではないでしょうか。

私の場合も、英語についてはパターンプラクティスをたくさんやり、基本文の暗唱をやり、それらをベースにして、英作文の問題をたくさんやりました。
受験勉強の中の、この英作文が、後の話す能力につながったのだと思っています。

(その後の伊語や仏語では、そんなにパターンプラクティスをやった意識もなく、作文もやっていないのですが、英語で培った能力を仏語・伊語でも共有することができたということではないかと感じています)

見聞きして分かる単語、文法事項しか自分では使えませんから、まずは基本語彙、言い回しを覚えるのは避けられない道です。

また、「外国語学習に成功する人、しない人」にあったように、実際に話さなくても話そうとして頭の中で作文するのがアウトプットの能力向上につながるという点については、非常に合意です。
私が多用した、「ひとりごと」も、また、最近流行の兆しが出ている英語での三行日記も、同じ発想だと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

パターンプラクティスは死んだのか [話す]

私が中学、高校に通っていた頃は、LLの授業があり、パターンプラクティスをたくさんやりました。
NHKの英語講座も、そうでした。

そのような練習法はもう流行らないのでしょうか。

スポーツでは素振りや受け身やシュート練習など、型の練習をするのに、どうして語学だと抵抗があるのかと書いた人がいました。
抽象画で有名な人も、きちんとデッサンの勉強を積んだことでしょう。
アドリブの得意なジャズプレーヤーも、スケールやコード進行の練習をきちんとしたのではないでしょうか。

基礎がなければ応用が無いような気がしています。
自分がパターンプラクティスで基本文を身につけて英語ができるようになったと感じているので尚のことそうです。

「外国語学習に成功する人、しない人」に書かれていた、「臨界期仮説は人種の問題ではないか」という話が非常に印象に残っているので、現在のコミュニケーション重視のアプローチにも、何か裏があるのではないかと勘ぐってしまいます。

例えば、こう言うのはどうでしょう。

第二外国語学習というのは、米国で移民が英語を学ぶ過程について研究されている。
よって、中南米系、アジア系の移民に英語を教えるケースが問題になる。
国としては、移民がとりあえず英語で会話してくれるレベルに達すればOKで、それ以上伸びる必要はない。
よって、日常会話ができるレベル(こども英語のレベル)まで達する為の教授法として、コミュニカティブアプローチが出た。

第一回目の生寅の会に、米国の高校を卒業したばかりの男の子が参加してくれましたが、そこでは、EFLのクラスはコミュニケーション重視だけれど、フランス語やその他外国語のクラスは、読解中心で大量に読まされるというようなことを言っていました。

本当にそうであるならば、上の仮説が正しいことになります。

学習者は、自分が目指すのがこども英語なのかおとな英語なのかを明らかにした上で、学び方を決める必要があると言うことでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

今日の言葉 [語彙]

回文
完全形追い健全化(かんぜんけいおいけんぜんか)

京料理
京料理の店の松花堂弁当に、生湯葉が入っていました。
妻は「生湯葉ごっくん(生ツバごっくん)」と言いながら食べました。

意味不明
シャガールと聞いて、芸者ガール(ゲイシャガール)を思い浮かべました。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。