So-net無料ブログ作成

通訳ガイド検定 合格!! [通訳ガイド検定]

会社から官報をネットで確認し、自分の名前を発見しました。
2002年のイタリア語、2003年の英語に続いて、2005年フランス語合格です。
三年で三カ国語合格を目指していたのですが、一年遅れました。
まあ、良しとしましょう。

あとは、結果待ちのケンブリッジ英検(CPE)に合格していれば、3X3+1=10 の完成です。


ラッシュ

親会社に出した報告に対して、電子メールで照会が来ました。
タイトルの頭に、「RUSH」と書かれていました。

同僚のKさん、「これはどういう意味でしょうかね。急ぎということでしょうかね」

Kさんもイギリスで働いていたことがあるのですが、この用法は見たことが無かったようです。
私もイギリスではなく、米国で見たような気がします。
DHLだか、FedExのデリバリーの封筒に Rush と書かれていたと思います。

Kさん「へぇー。通勤ラッシュとか言いますけれど、こんな使い方もあるんですね」
私「そうだよ。『フランダースの犬』で、ネロが『パトラッシュ!!』と叫ぶと、パトカーがわんさかわんさか押し寄せるんだよ」
Kさん「......」


ランナー

遅い朝ご飯(ブレックファスト)と、昼ご飯(ランチ)を一緒に取るのがブランチならば、遅いランチと夕食(ディナー)を一緒に取るのは「ランナー」でしょうか。

先週土曜日はJALの5千円分のクーポン券があったので、お台場の日航ホテルまで行きました。
実際はどこのレストランも予約が一杯で、結局ランチではなく、3時半頃からアフタヌーンティーを食べることになりました。まあまあ量があって、もう晩ご飯もいらないという感じでした。

レジのところで私の前の人もその前の人も、JALのクーポンで支払っていました。
みんな同じことを考えて、予約が一杯でここに落ち着いたのでしょう。

「ランナー」と言っていたのに、その後新宿に戻って京王デパートの上で中華。

最初は大衆食堂でと言っていたのですが、体臭食堂じゃぁ臭そうだとか、加勢大周という名前も臭そうだなどと言いながら中華にしました。
翌日が新宿シティハーフマラソンだというのに、こんなに遅くまで食べちゃいけなかったのですけれど。

ハーフマラソンは根性で自己ベスト更新しました。


nuclear 原子核[力]の; 核兵器の[による,を保有する].

この語はどこから来たのでしょう。
音だけ聞くと、new + clear です。
原子力エネルギー推進派が、世論形成のために聞こえの良い単語を作ったのかと推測しました。
石炭、石油に代わる、新しくクリーンな(new + clear)エネルギーということで。

私のお気に入りの旺文社英和中辞典(一つ前の版)によれば、nucleus に ar が付いたもの。
nucleus は、核、中心の意味。

日本は原爆の記憶があるので、核という言葉には悪いイメージが強く、核家族などと言われるとビビってしまいます。
かくかぞく 核家族 〔nuclear family〕一組の夫婦と未婚の子だけから成る家族。アメリカの人類学者マードック(G. P. Murdock (1897- ))によって人類社会に普遍的に存在すると主張された。
大辞林 第二版 (三省堂)

イタリア語にも nucleo familiare という表現がありますが、これは核家族とは違うと思います。
手元の小学館伊和辞典でも、「il nucleo familiare 家族」と書かれています。
nucleo が、小集団という意味の名詞で使われています。
小学館の和伊辞典で核家族をひくと、nucleo familare と言う他に、例文で famiglia nucleare と、形容詞形で使われる例もあります。

nucleo familiare はイタリアにいた頃も良く耳にしましたが、famglia nucleare は聞いたことがありませんでした。
未だに家族のつながりが強いイタリア人には核家族という概念はまだ新しいのかも知れません。


生命保険

イギリスに渡った時には、保険と言えば insurance だと思いこんでいたのですが、そんなに簡単な話ではありませんでした。

車の保険は car insurance で良いのですが、生命保険はイギリス英語では life assurance です。
life insurance はアメリカ英語です。

これについて、イギリス人の上司に聞いたことがあります。

どうして Life insurance ではないのかという質問に対し、命というものは insure できるものではない。(車だったら壊れたら新しいものに取り替えてもらえるが、命はそうはいかない) 何かあっても、(残された家族とかの経済的な問題が)大丈夫だと assure することしかできないんだよという答えでした。

非常に納得のいく説明でした。
アメリカではどうしてinsuranceなのでしょうね。
アメリカでは命もお金で買えるのでしょうか。


immoral とamoral

私なんぞはおちゃらけ外国語学習者なので、検定1級に合格してしまうとそこで止まっちゃうのですけれど、世の中にはどんどん究めていこうとされている方がたくさんいらっしゃって、そのような方のブログを感服しながら読んで歩いています。
特に今年は通訳検定を受けてみようかと思っているので、その関係のブログも読み始めました。

そのうちの一つ、通訳学校英語学習日記の1月24日の記事に以下の記述がありました。

「留学していたとき、immoral とamoralの違いが分かるように、2つの単語を使って短文を作れという宿題があって、違いが分からなかった私は、数少ない米国の友人2名に用語の違いを聞いてみたけど、2人ともよくわからないという返事だった。」

私もよくわかりません。

新英和中辞典 第6版 (研究社)によると、
immoral
1a 道徳に反する,不道徳な.
b 不品行な,ふしだらな,身持ちの悪い,淫(みだ)らな.
2 〈本・絵・映画など〉わいせつな.

amoral
1 道徳とは無関係の.
2 〈子供など〉善悪の判断のない,道徳観念のない.

日本語で読んでもよくわかりません。

うーむ。

しばらく腕組みして考えて単文を作りました。

どれどれ、陰毛ある(immoral)か?
あ、もうある(amoral)。

うーむ。内容が immoral だったかも。あれ?amoral だったっけ?


今日のおすすめ

金川先生のページです。

あまりの奥の深さに、プロファイルを読むだけで一日終わってしまいました。


つまらない本はよく売れる

外国語学習法の本を昨年はたくさん買いました。
かなりのものはブックオフで。
ものすごい量を読みました。中身のない本もありました。

中身のない本はほとんど記憶に残らないので、間違えて同じ本を買ってしまうことがあります。

今回また買ってしまいました。
片方が文庫本で片方が単行本だというのにもだまされました。


「読んで身につけた」40歳からの英語独学法


東京観光ボランティア研修会

東京都観光ボランティア研修会(分科会)の案内が、東京観光財団から届きました。
英仏伊語で東京都の観光ボランティアに登録しているのですが、これまで活動の機会はありませんでした。
(案件が平日しか無いというのが問題なのですが)

今回の分科会も平日の開催ですが、会社から休みをもらって、イタリア語とフランス語に参加してみようと思います。

当日私を見つけたら声をかけてください。

ちなみに、送られてきた申込書に記載されているFAX番号は間違っているので届きません。
03-5221-3078 とありますが、ホームページにあるように、03-5321-3078 が正しい番号です。
ご注意ください。


BとV、FとH

「ボーダレスなコミュニケーション。ボーダフォン」

Vodafone のコマーシャルです。

「ボーダ」のところが重なっているというのでしょうが、実際は border と voda ですから、「B」「V」で音が違います。

日本語には便利な「ヴ」という文字があります。
本来は「ヴォーダフォン」とするところなのでしょうが、多くの消費者を相手にしようとするには、発音のしやすい「ボーダ」の方がよいでしょうし、もとより「B」と「V」を区別している人も多くないでしょうし。

それに対して、「ルイヴィトン」は「ビトン」では駄目なのでしょう。
選ばれた一部の人という印象を与えるのにも、「ヴ」という音が必要なのでしょう。

外国語の発音を学ぶ時の困難さは、日本語にない音を聞き分けて、発音すると言うことです。
もともと日本語で区別されていないのでは困ってしまいます。

幸いに「ヴ」という文字がありますから、「V」の音にはもっともっとこの文字を使うことが、入り口としては有効ではないでしょうか。

それに引き替え、「F」と「H」は文字の使い分けがありません。
是非とも新しい文字を作り出すことを提案します。

゛ファイト

英語を学んだことのある方は、日本語でファイトと言うときでも、知らずに下唇をかんで、Fの音で発音しています。
逆に、Hの音で発音しようとすると、とまどってしまいます。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。