So-net無料ブログ作成

翻訳は文化である [読むべし外国語学習]


翻訳は文化である

いろいろと並行して読んでいるのですが、いきなり引き込まれて、姿勢を正して読むこととなりました。
ちょっと英語ができるので翻訳家になりたいと勘違いをしている(私を含めて)多くの人はまずこれを。

「訳語の選択に迷ったら(翻訳者は常に迷わなければならないのですが)、その文章が書かれている時代に出版されている英英辞書に当たります。.....(途中略).......英英辞書で、少なくとも現在書店で買える新しいものは手元においておかなければなりません。OEDであれば少なくとも古書の第五版、第六版から現在の新しい第十版まで。」(68ページ)

そこまで揃える意気込みもお金もありません....

お薦めです。

追加の引用です。
「文章にはそれを書いたもののみが持つリズムがあります。黙読では分からなかったリズムが音読をすることにより、その意味を含めて頭にしみこむことがあります。朗読の上手に読んでもらえばなおのこと、カンマの区切り一つ一つが音調を整えるために必要であることまでが明確に分かってきます。」(87ページ 日本語が変な気がしますが原文のまま)

(136ページ)「機械翻訳を論じるとき、私たちはこれまで見てきたように、書かれている文章を任意に機械翻訳に翻訳させてその正否を考えています。しかしそうした考えが間違っていて、「正確に、明瞭に、簡潔に」文章を書くことが可能であれば、機械翻訳システムで翻訳することは不可能ではないのです。問題は翻訳する側にあるのではなく、文章を書く側にあるのです」「米国では技術文書作成スタイルの規格まで作っています」から、機械翻訳システムの活躍する余地があるのでしょう。


さて、次は

今年受験予定だった語学試験もすべて終わり、ぼけーっとしています。
私から語学を除いたら何も残らないかのように、ふぬけ状態です。

現在結果待ちが、通訳ガイド試験のフランス語(1/31発表)と、ケンブリッジ英検のCPE(2月発表)。
両方合格していたらとても嬉しいですが、来年受ける試験が無くなってしまいます。

妻Rからは、「時間もお金も注いでいるのだから、そろそろ外国語で稼いでよ」と言われていますし、今の会社にいられるのもあと5-6年くらいでしょうから、第二の人生をにらみつつ、語学の勉強もしていかないといけません。

今、読んでいる本の一つは

翻訳の方法

翻訳の方法

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 単行本

学校文法の英文解釈から翻訳へという本で、とても良い本ですが、読むのにものすごく時間がかかります。大学の翻訳の授業のテキストを意図したものでしょうか。
使用されている英文のレベルもかなり高いですし、真剣に読まないといけないのでなかなか進みません。

昨日注文したのが

はじめてのウィスパリング同時通訳

通訳になろうとはあまり思わないのですが、ウィスパリングができると会社でも役に立つなぁとこれまでも思っていました。
まずはどんなものかと覗いてみようと思います。


周波数について

今年の2月、メインサイトの方で、トマティスについて書きました。
リンクはこちら

先日受けたケンブリッジ英検では、思いの外、ヒアリングに苦労したこともあり、最近はイギリスのBBCの放送を Podcasting で引っ張ってきて聞いています。
妻Rは、外国語はそれほどできないのですが、イギリスに私と住んでいたこともあり、BBCのイギリス英語もところどころきちんと聞き取れます。

不思議なことは、彼女はアメリカ英語は聞き取れないと言うことです。

トマティスによれば、日本語よりアメリカ英語の方が周波数が高く、イギリス英語は(アメリカ英語と重なる部分はあるものの)さらに周波数が高いことになります。
妻Rは、周波数の低い日本語と、周波数の高いイギリス英語が聞き取れるので、当然間にあるアメリカ英語は聞き取れると思ったのですが、そうではないのです。
聞き取り可能な周波数帯が、低いところと高いところの二つに切れていると言うことです。
非常に興味深いです。
が、フランス語やスペイン語なども、言語自体、用いる周波数帯が二カ所に切れているので、驚くほどの話ではないのですが。




サンマリエ

山手線の広告で見かけた結婚情報サービスの「サンマリエ」
会員制で、結婚相手を探してくれるというものですが、この名前が気になりました。

サンマリエ

果たして何語でしょう。

フランス語だとしたら、sans marier ?
sans (être) marié(e)
sans (se) marier
が頭に浮かびますが、これだと「結婚せずに」!?

「結婚せずにおつきあい?遊びならごめんだわ....(意味不明)」

会社名が「サンマークライフクリエーション」なので、そこから作ったのかもしれません。

謎は深まるばかり。


ポリグロット

最近は基本的に語学は独学です。
英仏伊の三カ国語の四技能のメンテナンスをどうするかが鍵です。

そうは言っても、それぞれの言葉に苦手な点があるので、そこに集中して勉強したりしています。

新宿三丁目のポリグロット外国語研究所のセミナーをつまみ食いして、弱点補強に役立てています。

先日18日に、ポリグロットの忘年会がありました。
会場の新宿のボデゴン亭に集まったのは、英仏伊葡西語などを学んでいるみなさん。
ボデゴン亭をボディコンと勘違いして、パドガールを期待した男性参加者が数名。

bodegon
1. 静物画 2. 居酒屋;安料理屋

来週第二回目の忘年会実施予定です。
再度参加を検討中です。


ケンブリッジ英検 筆記 [ケンブリッジ英検]

飯田橋のブリティッシュカウンシルで、CPEの筆記試験を受けてきました。
微妙な出来です。

終わってから、一緒に受けていた男性から声をかけられました。
メインサイトを読んでいただいている方とのことで、もう一人の方と3人で、飯田橋の駅ビルでカフェしました。

Writing については、やはり実際の練習が必要だという感じがしました。
2時間で300-350語の文を二つ書くというのはなかなか大変です。

軽く見ていた Listening も、word in use も、パッとしないです。

フランス語やイタリア語に比べて、英語は必要語彙がものすごく多いのですが、これについてはこれまでは、「フランス語、イタリア語は文法が複雑なのでそちらで表現が可能なので、語彙が少なくて済む」などと考えていたのですが、最近は違うかも知れないと思っています。

イタリア語はそもそも使用されている国が少なく、語彙の拡大に自ずから限界がある。
フランス語はフランス語圏が欧州、アフリカ、カナダ、中米等に広がっているものの、言葉を大事にしているお国柄で、拡大にブレーキをかけているのではないか。
これに対して英語については、国際語としての役割があることから、もはや世界のあちこちで生まれる言葉をコントロールすることができず、どんどん拡大している。

この試験の結果を反省するならば、Phrasal verb 等も含めて語彙の強化をしなければならないのでしょうが、B判定であろうが、C判定であろうが、合格してしまったら勉強しないでしょうね。

発表は二月。

関連サイト
http://www.flo-joe.co.uk/index.htm
オンラインの日替わり問題

http://www.cambridgeesol.org/support/dloads/cpe_downloads.htm
本家のサイト。評価のポイントが書かれているので、心の準備に必読。


ケンブリッジ英検 [ケンブリッジ英検]

本日筆記試験です。
合計5時間40分の、一日がかりの試験ですので、会社は休みます。

結果は後ほど。

「甘く見ていた」というのが、現在の偽らざる感想です。


NOVA の広告

NOVAの広告で、語学学習に対して間違った考えを持ってしまう人は多いのでしょうが、それに勝てない語学教育者にも責任はありますね。

週末にJRに乗っていたら、「Practice makes perfect. 習うより慣れろ」というNOVAの広告を見かけました。
「文法の勉強などせずに、会話の練習をしなさい」という趣旨でしょうか。

ふと、「Practice makes perfect」と「習うより慣れろ」は同じ意味なのかと考え込んでしまいました。

Practice makes perfect. という文を読むと、まず、「practice」という単語に、理論を実践に移すという意味があるのではないでしょうか。(よって、いきなり実践に行くということはあり得ないのです)
「makes perfect」ということで、既に出来ているものを「いっそう完璧なものに仕上げる」という意味ではないでしょうか。
この解釈が正しいのであれば、「『習うより慣れろ』だから理論などやらずにまず会話だ」という宣伝文句は、Practice makes perfectからの直接の帰結とは言えないことになります。

もちろんいつまで経っても理論ばかりで全く実践しないのでは身につかないというのは正しいのですけれど。


ケンブリッジ英検 CPE Speaking 試験 [ケンブリッジ英検]

テキストは、これをアマゾンで買いました。
紀伊国屋で立ち読みして内容を確認した上で、アマゾンの方が安かったので。

ただ、スピーキングのテストがどのように行われるかはこれを読んでも不明でした。
ケンブリッジ大学のページからダウンロードした資料で、なんとかイメージをつかんで行きました。

他の外国語試験の会話試験と異なるのは、二人組で行うと言うこと。そこではいかに会話あるいは討論を進めるかという能力についても評価されます。
必然、どのような相手と組むかというのが影響あるような感じがします。
試験の資料には「そのような部分を排除できる評価者がいるので安心してくれ」というようなことが書いてあったと思います。

飯田橋のBritish Council でCPEを受験したのは12名です。
張り出されたリストで私と組になっているのは日本人の女性。
どんな人かなと思っていたら、向こうから話しかけられてしまいました。
相手の方も、ペアの人がどのような人か探していて、私の持っていた採点用のマークシートの名前を見て、私に声をかけてきたのでした。英語で。

口慣らしも兼ねて、試験が始まるまでずっと英語で二人で会話をしていました。

試験はことのほかうまく行ったと思います。
ただ、まだ試験の五分の一が終わっただけです。
次の木曜日は5時間40分の筆記試験があります。

と言っても、いまさらバタバタしてもしょうがないのですけれど。




試験当日

CPEのSpeaking 試験です。
会話の試験なので、いまさら準備ができるというわけでもないのですが、早起きしてしまいました。

妻「追い込み?」
私「追い込まれ!」

追い込まれています。

結果は後ほど


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。