So-net無料ブログ作成

通訳ガイド試験 [通訳ガイド検定]

邦文試験が無ければ、ただの外国語試験です。

時事用語/ガイド用語にはあまりとらわれない(特に一次の外国語試験)が鍵でしょうか。
私がイタリア語/英語で受けた時は、時事単語・日本的事象単語の外国語訳が一次試験で配点20点でした。(ほとんどできませんでした)
圧倒的な語学力を身につければ、このセクションは捨てられると実感しました。
昨年のフランス語は圧倒的に語学力が足りずに、一次で落ちました。
今年からこのセクションの配点が10点になったこともあり、ますます外国語試験としての性格が強くなったと思います。

日本的事象については、我々日本人としては、「日本語で言えないことは言えない/日本語で言えることは(外国語能力が付けば)言える」と言うことでしょうか。
「七夕」について説明しなさいと言われて、日本語で説明できなければ英語でもフランス語でも説明できません。
逆に、日本語で説明できるのであれば、例えばそれにピッタリ来る外国語の単語を知らなくても、外国語で説明ができるでしょう。
七宝焼きを説明する時に、七宝焼きに相当する外国語一語が浮かばなくても、外国語の単語を100語並べて説明することができるでしょう。

「日本語で言える/書けるのであれば、外国語で言える/書ける」と言うためには、圧倒的な語学力も必要なのですが、その前段階で「外国語にしやすいように日本語に言い換える」という作業が必要になります。
これは高校の英作文の授業でも習ったかも知れません。
この作業は慣れてくれば無意識に行えるようになり、また、「外国語で考える/外国語脳を作る」ということにつながります。

もちろんガイド試験ですので、分野として時事・日本的事象は押さえておく必要がありますが、この話はまたどこかで。


ハローの合格体験記に書いた記事です。ご参考まで。
2002年にイタリア語で合格した時のもの
http://www.hello.ac/guide/story/2002/tokumei_1.html
2003年に英語で合格した時のもの
http://www.hello.ac/guide/story/2003/tokumei_1.html


近況

またまた忙しくなりすぎて、なかなか更新できずにいます。
通訳ガイド試験(フランス語)の一次試験は合格していました。
二次に向けて準備を開始しました。


「英語屋さんの虎ノ巻」(浦出善文著)集英社 [読むべし外国語学習]

「英語屋さんの虎ノ巻」(浦出善文著)集英社を読みました。
「英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半」の著者が、その勉強法について書いたものです。
そもそもの「英語屋さん....」を読まずにこちらを買ってしまったので、感動がなかったのかも知れませんが、読後何も残りませんでした。

以前読んだ、超「高速」勉強術の、「目次読み」を実践すべきところでしたが、どこかに参考になる部分があるかも知れないと全部読んでしまいました。
反省。

英語屋さんの虎ノ巻


nice!(0)  コメント(0) 

「誰がこの国の英語をダメにしたか」澤井繁男著(生活人新書) [読むべし外国語学習]

「誰がこの国の英語をダメにしたか」澤井繁男著(生活人新書)を読みました。
ブックオフで350円でした。
イタリア・ルネサンスが専門でありながら、駿台予備校で英語を教えるという変わり種の著者。

Amazon でのレビューはあまり好意的ではないようですが、私は面白かったです。

受験生の語学力の低下も問題だが、高校の英語教師の英語力も低下している(49ページ)
大学が入試問題を作れなくなっていて、予備校が問題作成を請け負う話。それほどレベルの高くない大学であっても見栄を張って難しい問題を作ってしまう話。(130ページ)

こんな先生がたくさん中学・高校にいれば、日本人の英語力は伸びることでしょう。

著者は英語公用語論には反対なのですが(170ページ)、先日の「あえて英語公用語論」船橋洋一著 文春新書 を読んだ後では、両者の主張はそれほど離れていないのかも知れないと思いました。
賛成論者は、20年/30年後に英語が使いこなせる人を増やすために、どうやっていけば良いかと言っているのに対し、著者は「現時点で」 教えられる先生がいないから無理だと言っているような気がしました。

著者の意見で賛成できなかったのは、他の著者の本についてのコメントでも書きましたが、「母語で語れる以上のことを外国語で語ることはできないし、母語で理解できる以上のことを外国語で理解することはできない。さらにいえば、どんなに外国語だけで理解しているつもりの人がいるとしても、それは実は、母語との参照関係の上で理解していることに無自覚なだけだと言いたい」(89ページ)というくだりです。

中学、高校の英語の先生の感想が聞きたいです。

どちらかと言えば「あえて英語公用語論」の方が面白いので、まずはそちらからお読みください。


nice!(0)  コメント(0) 

「あえて英語公用語論」船橋洋一著 文春新書 [読むべし外国語学習]

少し前に読み終わっていたのですが、書く時間がありませんでした。
これを読んだからといって英語ができるようになるわけではないのですが、これまで英語公用語論反対論者、早期英語教育反対論者の著作ばかり読んできたので、反対側の意見は新鮮でした。

ブックオフ105円の本ですが、一読をお薦めします。

確かに鈴木孝夫氏が、「日本人みんなが英語を必要とするわけではない。日本語を世界に広めれば英語を学ばなくても良い。そうは言っても当面は国会議員や一部のサラリーマンだけしっかりやる必要がある」と言うのを聞くのは心地よいものがありますが、そうは言っても日本語が世界に広まると言う可能性は小さいであろう。

そんなときに、本書の言うように、インターネット時代には一部の英語使いでは足りず、個人のレベルで受発信していかないと、日本は世界に参画できないとか、英語を知ることで自分の世界が広がっていくことを知った国民のレベルからのボトムアップで、英語を第二公用語としたいというニースが出てくるという主張は、理解できるものがある。

朝日新聞のコラムニストの筆者だけに、世界各地の事例を引いているのも説得力がある。
TOEFL の点数が低いと言うが英語の授業時間数は「中学校では年間117時間。自国語を非常に大切にするフランスですら173時間」(17ページ)
中・高・大学と10年間英語をやったと良く言いますが、実際に英語をやっている時間は多くないのであろう。
アメリカのイマージョン教育(118ページ)の話。日本語クラスもある。
カナダのバイリンガル政策(133ページ)も興味深い。英仏双方を公用語としたために、かえってケベック以外のフランス語圏の人たちは英語に流れたらしい。

公用語は義務ではなく、権利であるということに注意をしないといけない。
カナダはいろいろな公文書を英語・フランス語の双方で作成しないと行けないので大変なコストになっている。
日本の場合も日英双方を公用語とするならば、お役所の書類はかなりの部分日本語・英語で作成することになる。
他方、住民の方は、英語が必須になるのではなく、選択できるということである。
英語は第二公用語ということであるから、日英のバイリンガル教育を選ぶか、日本語を主とした教育を選ぶと言うことであるが。

この背景として、日本の労働力不足を補う為に海外からの移民を受け入れなければいけない時期が来る。その為にも英語を第二公用語にしなければならないというものである。
果たして一般庶民はそこまでの覚悟はできているのであろうか。
外国人の流入を治安の悪化に繋げる傾向のある日本人が、外国人受け入れのために英語を公用語にするのであろうか。

かつてボートピープルと呼ばれたベトナム難民が出た時期に、「日本は文化が違いすぎるし言葉も難しいから」と言って受け入れを拒んだ日本が、「英語が通じる国にするから、日本に働きに来て良いよ」という風に態度を変えるというのであれば、それは歓迎すべきものであるが。

読み終わってから時間が経ってしまって、ややぼけてしまいました。残念。

「あえて英語公用語論」船橋洋一著 文春新書


nice!(0)  コメント(0) 

高校時代 2

県庁所在地の高校に通うようになったことで、大きな本屋に行くようになりました。
学校の授業に飽きたらず、English Journal や、アルクから出た本を読み始めたのはこのころでしょうか。
でも基本は受験勉強。

コツコツ型の私は、分厚い解説書を通読するというのが合っているらしく、英文法のかなり厚めの参考書を何度も通読したのを覚えています。
(二三年前に買ったロイヤル英文法は通読ではなく積ん読になっています)
イタリア語もフランス語も、一通り終わるとその後は文法書の通読をやりました。

印象に残っているのは、「試験に出る英文法」
これは、TOEIC 対策にも良いのではないかと思います。

「赤尾の豆単」や「試験に出る英単語」などもやりましたが、そのような覚え方で覚えても単語は定着しませんね。


「日本人の英語」(マーク・ピーターセン著)岩波新書 [読むべし外国語学習]

「日本人の英語」(マーク・ピーターセン著)岩波新書を読み終わりました。

ブックオフで105円で買いましたが、これは定価で買っても良い本です。
お薦めです

続編の「続 日本人の英語」(マーク・ピーターセン著)岩波新書も105円で買って積んであります。次に読みたいと思います。

日本人の間違いやすい、冠詞、単数・複数、関係代名詞などについて、例を用いて丁寧に説明してあります。
レベルは中級から上級という感じでしょうか。
気楽に読める内容ではないので、途中でギブアップする人が多いのでしょうか。ブックオフで新品に近い状態でたくさん見かけます。

この本の存在は知っていたのですが、敢えて手に取らずにいました。
以前にも書きましたが、「ネイティブはこう言います」という類の本は、必要以上にスラングに傾いたり、文化的背景に依存する表現だったりするので、国際語としての英語にとっては不要というアプローチでいるので、そのような本かと思って避けていたものです。
もちろんここに書かれている内容のうち、英語を母語としない人たちには無視されているルールもあるでしょうが、母語話者が使った時にどのような意味を持たせているのかを知っておく必要はあると思います。
これは最近読んだ船橋洋一の「あえて英語公用語論」文春新書に書かれていたと思いますが、国際語としての英語を追求する一方で、それを母語としている人たち・文化についても敬意を払うという態度です。
この本については後日。

並行して読んでいた同様の内容の本が「学校英語」ではわからない英語の常識松永大介著 講談社+α文庫です。
これもブックオフで105円で、かつ著者の肩書きが「外交官」などとあって、あまり期待していなかったのですが、こちらも良い本です。
著者が18才の時から書き記してきたという英語の用法に関するメモが元になっているということで、極めて密度の濃いものとなっています。
お薦めです。


nice!(0)  コメント(0) 

高校時代 1

自宅から 25km 離れた高校に入りました。
当時は学区制も学校群も無かったので。
と言いつつ、一番近い高校も10kmくらい離れていましたけれど。

25km と言っても、JR の駅まで10km 自転車、JR 13km、徒歩2km ですから、冬は雪が降って大変。
結局二年生の秋から下宿しました。

高校で得意だったのは「古文」でした。
うちの田舎では、まだ古語が少し残っていたからという訳でもないですが。

学校で学ぶ日本語文法は、その後の古典文法に入りやすくするためにやっているという記述をどこかで読みました。

古文の文法をしっかりやったことも、その後の外国語の習得に役立ったのかも知れません。


中学時代 4

昔だったし、田舎の中学校でしたし。
派手な語学教材はありませんでした。
NHKの基礎英語・続基礎英語。 それから学校の教科書(ニュー・ホライズン)

以前にも書きましたが、当時の基礎英語には発音記号が使われていました。

発音記号を意識しながら発音し、単語を覚えたのが、私にとってはとても良かったです。
R と L を区別せずに発音していたら、いざ書く時に、R だったか L だったか分からなくなりますからね。
中学の英語の先生が発音に気をつける人だったのも良かったです。
中間だったか期末の試験の時に、right と light の聞き分け、発音のテストもありました。

最近早期英語教育が流行で、そのことについてはまたじっくりと書いてみたいと思っていますが、やはり発音を身につけるのは若い時の方がよいので、英語を嫌いにならない程度に発音練習はするのが良いです。
girl の発音ができるようになるのに1年かかりました。
(大学に入ってフランス語を始め、grand の発音ができるようになるのに1年かかりました)

外国語の練習として発音練習をするから嫌になるのです。
口の周囲の筋トレだと思えばよいのです。ストレッチだと思えばよいのです。
ボイスパーカッションや、鳥の鳴き真似の延長で考えれば良いのです。

さて、教材については、書きました通り、教科書とラジオ講座しかないので、何回も何回も読みました。
ラジオ講座などはその日の分を暗唱するまで読みました。

音読し、暗唱することの重要性は、シュリーマンも古代への情熱で書いています。
私ももう少し時間ができたら、シュリーマン方式でフランス語をやり直してみたいと思っています。
すなわち、200ページくらいの本を一冊暗唱してしまうというやり方で。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。