So-net無料ブログ作成

「『教えない』英語教育」市川力著 中公新書ラクレ [読むべし外国語学習]

「『教えない』英語教育」市川力著 中公新書ラクレを読んだ。
私にはめずらしく新刊で買いましたが、これはお値打ち品。

最近の私のバイブル「なんで英語やるの?(中津 燎子著) 文春文庫」で、著者は英語ができるようになるための鍵として、「発音」と「自他を明快に分ける思考」を挙げている。
ところが、日本人は発音ができていないので、「なんで英語やるの?」「再びなんで英語やるの?」の双方に於いて、発音指導だけで終わってしまっていた。

後段について語ってくれたのが、今回の「「教えない」英語教育」である。
また、荒木博之著「日本語が見えると英語も見える」中公新書では、何の説明もなく「私は日本語の定まらない小学校三、四年までに英語「を」教えることには反対であるが、英語「で」教えるのは小学校1年からでもちっとも構わないと考えている」(123ページ)と書き捨てていたが、その具体的な内容、指導方法の例などが、この本に紹介されている。

続く

またこの本では「遊び場言語」と「教科理解言語」との違い。あるいは、「子供英語」と「大人英語」という概念が出てくる。

以前「TOEFL・TOEICと日本人の英語力」(鳥飼玖美子著)講談社現代新書を紹介したときに、その本でカミンズ(Cummins)が言語能力を BICS (Basic Interpersonal Communication Skills) と CALP (Cognitive Academic Language Proficiency) とに分けていることを紹介している。 (146ページ)と書いた。

前者は基本的な対人コミュニケーション能力であり、後者は学校での学習などを可能にする知的活動を行うための言語能力を指す。
カナダへの移民の子供を研究した結果、前者は比較的短期間に習得されるが、後者は数年かかることを発見した。

これが今回「子供英語」と「大人英語」として使われているようである。

現在一部で行われている早期英語教育は、ゲームや歌などの遊びの要素で「子供英語」を覚えさせるものであるが、小学校の高学年になると、これらの子供だましには飽きてしまう。
子供英語から大人英語への橋渡しをする小学校高学年での英語教育が必要なのだがここが重要視されていないことから、子供英語に熱心に取り組んでいた子供も、その後、大人英語に切り替えられず英語が嫌いになってしまうケースが多いと述べている。

以下、私のコメント。
日本人の多くの人が学ぼうとしているのは、「子供英語」なのではないか。
海外旅行に行ったときに困らないように、とか、道で外国人に質問されたときに困らないようにとか言うレベルであれば、これは「子供英語」で十分である。
そうであるならば、「子供が言葉を学ぶように」といううたい文句に踊らされて巷の英会話学校の通う人がたくさん出ていても、嘆くべきことではないのかも知れない。

もちろん、現在の中学・高校の英語教育で「大人の英語」が教えられているというつもりは無いのだが。
この点はひとり英語の問題にとどまらない(広い意味でのコミュニケーション能力、他文化理解・尊重などなど)ので、大きな見地からの検討が必要だと思っている。

幼児英語教室に通わせて満足している勘違いお母様方には是非読んでいただきたい本。
この本は早期英語教育を否定しているものではなく、「大人英語」につながる形での「子供英語」の教え方、あるいは土台作りについて提示しているので、必見である。


nice!(0)  コメント(0) 

日本の英語教育(山田雄一郎著)岩波新書 [読むべし外国語学習]

日本の英語教育岩波書店

このアイテムの詳細を見る

日本の英語教育(山田雄一郎著)岩波新書を読みました。
先日珍しく書店で買い求めた本ですが、まあ、ブックオフまで待っても良かったかも知れません。

特に目新しい部分は無かったのですが、
1.平泉渉・渡部昇一「英語教育大論争」(文春文庫 1995)に興味を持った。
Amazon で古本で買うか、杉並区図書館で借りるか検討中。

2.「英語教育大論争」の中で渡部昇一が主張しているとされる「母国語との格闘の重要性」というものが、荒木博之「日本語が見えると英語も見える」(中公新書)や、齋藤兆史・野崎歓「英語のたくらみ、フランス語のたわむれ」(東京大学出版会)の主張と同じものであるならば、私は同意見であり、筆者が賛成していないのは残念。

3.ヨーロッパの語学共通基準について97ページから書かれている。

私の英仏伊の語学試験の目標レベルは、
・国内での検定(実用英語検定、仏検、イタリア語検定)の最高級 (日本語を介さない試験の評価は日本人としては意味がない。他方特殊語学については評価が定まっていない)
・ガイド試験の各国語(とりあえず国家試験なので説明が楽)
・EU 基準のC2レベル (ネイティブレベル。語学教師が出来る)
ということでこの3年考えており、EUのC2となると、英語ならケンブリッジのCPE、フランス語はDALF4科目(秋から試験内容が変更になり、C2に対応する試験が出来る)、イタリア語ならシエナ検定のレベル4である。
私の英仏伊について言うと、残っているのは
英語(CPE)、仏語(ガイド試験、DALF B1)、イタリア語(終了)
です。

4.ALTプログラム(206ページ)
Assistant Language Teacher と呼ばれる外国人指導助手招致プログラムにおいて、最近は英米のみならず、南ア、ジャマイカ、北欧、ギリシャなどから呼んでいるらしい。
イギリス英語・アメリカ英語だけが英語ではないということでは良い傾向でしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

再びなんで英語やるの? (中津 燎子著) 文春文庫 [読むべし外国語学習]

「再びなんで英語やるの? (中津 燎子著) 文春文庫」を読み終えました。

前作の「なんで英語やるの?」は大宅ノンフィクション賞も取ったから、今でも新刊で買えるのですが、こちら続編の方は、もっとトレーニングの内容に突っ込んだ物なので、一般受けしなかったのでしょう。古本でしか見つからない感じです。
見つけたら即ゲッとしましょう。アマゾンの古本で購入しました。

「なんで英語やるの?」を出した後、あちらこちらから批判・非難がたくさん来たとのこと。「語学教育の専門でもない、ただの主婦が...」というもの。
時代は変わりました。私のような素人もいろいろ書かせていただいています。

内容は研修の実況中継が中心ですが、
・中間日本語(178ページ)という考え方の提示
これは、私をこの本に巡り会わせてくれた、「日本語が見えると英語も見える」に紹介されていたものです。
・「それは腹式呼吸ではなく、横隔膜呼吸ですね(233ページ)」
ここについては、追加の説明がなかったのですが、興味深いコメントでした。

それから、「もったいない」と言う発想。
語学の能力をある人がいるのにそれを活用していないのはもったいないから、先生をやってもらいましょう。ということ。
私もこの語学の力をみなさまのお役に立てないと。

それにしても最近ものすごく本を読んでいます。フランス語やらないといけないのに、逃げている感じ。


nice!(0)  コメント(0) 

英語は日本人教師だから教えられる [読むべし外国語学習]

英語は日本人教師だから教えられる―アルファベットから始める英語教育改革試案洋泉社

このアイテムの詳細を見る

久しぶりにブックオフではなく、書店で定価で買った本です。
買ったのはちょっと前で、本棚に積んであったのですが、週末から読み始めました。

(少なくとも学習初期に於いては)講師はネイティブより日本人が良いというのは、英会話学校以外では常識になっていますが、それは、「日本人がなぜ分からないのか、ネイティブ講師でないとわからない」とか「学習初期の人が講師に質問しようにも、外国語では質問できない」とかいう話の前に、「そもそも義務教育で日本全国でしっかり英語を教えようとするなら、絶対的な人数の関係から日本人教師がしっかり教えられれば良い話だ」ということを教えてくれました。

腰帯には「全国の英語教師が自信を回復する画期的な提案」とあります。
学校英語教育批判で自信を失っている現場の先生方に、新たな教育手法を提案し、自信を取り戻してもらおうとする本です。

「講師はネイティブより日本人が良い」というのは、ひっくり返すと最近流行の日本語教師についても(生徒の話す)外国語に堪能である必要があるということですが、これについてはまた後日。

先日読み終えた、「なんで英語やるの」の影響で、外国語教育における発音の重要性を強く感じている今日この頃ですが、それを具体的に踏み込んで書いている本書は、非常によいタイミングで私の目に留まったと思っています。

筆者は上手な発音ではなく、正しい発音を習得すべきと述べます。文字を知っているかどうかが字の上手下手とは関係ないように、発音の上手下手と発音が出来ているかどうかは別。日本で発音が上手というのは、アメリカ人の発音に近いかどうかというだけのことだと主張します。(43-44ページ)

アルファベットは表音文字であるから、これで発音を学ぶべき。発音記号は必ずしも正確ではない。
綴りと発音が一致しないことがあるが、その場合は聞き取りで音を聞いて書き取った場合に、違う綴りになるのがむしろ正解。そこで英米人は綴りを確認するために辞書を引くのだ。(44-55ページ)
これは、発音記号で英語を学んだ私にはややショックでした。「なんで英語やるの」の中津さんも発音記号を使わずにアルファベットで発音を教えていらっしゃいます。

英語教育改革論議については「改革論議の方向が間違っていたのではないか。何かを壊すのではなく、何を付け加えるべきなのかという議論が真剣に為されるべきだったのではないか。何かを壊すという議論ばかりなされてきたため、壊したのはよいが代替策は場当たりの噴飯物しか出されなかった(14ページ)」と書いています。
受験英語プラスαで英語力が付いたと感じている私は非常に共感が持てます。

この本の後半は発音についての実際のアルファベットの発音の手法が細かく書かれています。
読み物としてはなかなか取りかかれないので、しばらく寝かせておきます。

学校の英語の先生にとってのバイブルになりそうな予感。


nice!(0)  コメント(0) 

「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」(黒川伊保子著)新潮新書 [読むべし外国語学習]

「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」(黒川伊保子著)新潮新書を読み終えました。

著者のホームページはこちら

語学学習関連で買い求めたものではなかったのですが、いろいろと考えさせられた本でした。

・「ヒトの脳は、文字列を見ただけでも、その文字列の音を聞いたように聴覚野が活性化することがわかっている(33ページ)」
これについては、かつて2003/12/30の日記で、音読が速読の壁となると書きました。
黙読していても、頭の中で音を出すことで、スピードが上がらないということです。
果たして、この壁を越えた人たち、フォトリーディングなどのテクニックを使っている人たちも、聴覚野は同様に活性化しているのでしょうか。

・「言語モデルが、脳の認識モデルに大きな影響を与えていることも、脳生理学者たちが発見した事実の一つだ(65ページ)」
・「医学博士の角田忠信氏の著書『日本人の脳』によれば、欧米各国と韓国ならびに日本の被験者のうち、母音単音を言語優位脳、つまり「考える半球(左脳)」で聞くのは、なんと日本人だけ、という顕著な実験結果が出ているのである」
これについては、私のイメージと若干異なります。
脳科学者のコメントを伺いたいところですが、私のバイブルの一つ、バイリンガルの科学(小野博著)講談社ブルーバックスにおいての一貫した主張は、「何語でも良いから言語習得のキーとなる小学校時代は一つの言語で通し、その基盤をベースに第二の言語を作り上げる」というものだったと思いますし、私が現在考えているトコロテンフィルター理論では、日本語か英語か、あるいは他の言語かの違いはインプット/アウトプットのフィルターの違いに過ぎず、脳の働きは最初の言語に左右されないと思っています。
そうは言っても、言語を通して思考の体系を形作っていくわけですから、ある程度言語に引っ張られていく部分はあるとは思いますが、私はそれは、フロッピーディスクをWindows でフォーマットするか、Mac OS でフォーマットするかの違いのようなものではないかと考えています。(あるいはもっと近くで、IBMコンパチのDOSでフォーマットするか、NECのDOSでフォーマットするかの違いかも知れません)
脳のフォーマットの仕方がどうであれ、その上で同じアプリケーションが走って、きちんとインプット/アウトプットが出来ると言うことです。
日本語を先にやってから英語を習得したバイリンガルと、英語を先にやってから日本語を取得したバイリンガルの比較研究を待ちたいと思います。



nice!(0)  コメント(0) 

英語速修マニュアル(山崎紀美子著)ちくま新書 [読むべし外国語学習]

英語速修マニュアル(山崎紀美子著)ちくま新書

ブックオフで105円で買いました。105円の本です。

英語・ロシア語・ブルガリア語に堪能な著者は優秀な方なのでしょうが、この本に限って言えばいろいろなテーマを新書に詰め込んだことで、焦点がぼけた著作となっているのが残念です。
各章毎に別々の本にしても良かったのではと思います。

面白かったのは
・「日本語に大和ことばと漢語があるように、英語にもアングロサクソン系(大和ことば)とラテン系(漢語)がある」との主張(75ページ)
単に語源的にアングロサクソン系とラテン系の単語が存在するのではなく、実際の法律文書などで理解を助けるために両系列の単語を併記することが行われているということだそうです。

・言葉遊びで、「Time flies like an arrow.」は、一般的には Time を主語とし、flies を動詞として、「光陰矢のごとし」と訳されるが、Time flies を主語、like を動詞とすると、「時間バエは矢を好む」と訳すことも出来る。意味的にナンセンスであるが、コンピューター自動翻訳では正解とされてしまうという話。(93ページ)
・同じく、「The good can decay many ways.(良きものの崩壊する姿は様々である)」「The good candy came anyways.(美味しいキャンディーはとにかく届いた)」は、同じ音に聞こえると言う話。(94ページ)

・準日本語と純日本語(144ページ)
日本語と英語の文法構造の違いから、逐語的に日本語訳すると翻訳調の準日本語になる。英語と日本語の対応を重視すると準日本語が正式なものとして通ってしまうという話。

それから、74ページにドイツ語は話すが英語がほとんど駄目なフィンランド人が、留学生のことを「strange students」と言ったのに対し、著者がフィンランド人の想像力のたくましさに感心したという話がありますが、イタリア語・フランス語などでは、strange の意味の strano / étrange と、foreign の意味の straniero / étranger は近いので、それほど驚く話でも無いと思いました。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。