So-net無料ブログ作成
検索選択

FとH [読むべし外国語学習]

「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」(黒川伊保子著)新潮新書を読んでいます。
面白いです。
興味を持った箇所の一つに、F音に関する記述がある(50ページ)

「日本語人(母語が日本語である人)」は、両唇を脱力し半端に震わせて作る。一方、英語人は下唇を軽くかんで開放する動作によって、下唇だけを震わせて作り出す。構造的にはこの二つ、まったく違う動作になるが(はっきり言って、見た目は英語人の方がカッコイイ)、「唇を半端に震わす」という目的は一緒。したがって、イメージ効果も共通である。」

はて?日本語にF音ってありましたっけ?

昨日の記事で、妻Rの母Yが、(フィレンツェ)が発音できず、(ふいれんつぇ)か、(ひれんつぇ)となると書いたところです。

(フィレンツェ)か(ふいれんつぇ)かと言う点は、仮にF音で発音していたとすると、「FI-」か、「FUI-」かという違いです。
他方、(フィレンツェ)か(ひれんつぇ)かと言う点は、うまく説明が出来ません。F音で発生するなら、同じ下唇を噛むV音でも同じ現象がありそうなものなのに、その例が作れません。
同様に破裂音の BやPでも作れません。

Fの場合、下唇を噛むことで口の形が決まってしまうので、そのまま音を出すと、「FU」という音にしかならないのが、Hについては、HA、HI、HU、HE、HO、あるいはその中間の母音につなげることが可能です。
と、ここまで考えて、Hの音で始まる「フィレンツェ」を発音することが出来ました。あるいはこれが著者の言うところの、日本語のF音なのかも知れません。

英語などのF音に親しんでいると、日本語でも英語のF音を使うことが多くなります。
例えば、私の出身の福井県とか藤島高校とか、知らず知らず、下唇を噛んだF音で発音しています。(ローマ字表記もF音ですし)
これが日本語でのF音が英語のF音に置き換えられているのか、ローマ字表記に引っ張られてそうなっているのかはわかりません。

「唇を噛むと可愛いく見えるよ」とアドバイスを受けた女の子が、間違えて下唇を噛んでちっとも可愛くみてもらえなかった話を思い出しました。


nice!(0)  コメント(0) 

言いまつがい [読むべし外国語学習]

本日のブックオフ購入は、「言いまつがい」糸井重里著 新潮文庫
単行本で出たときにかなり悩んで買うのを止めたのですが、いつのまにか文庫になって、しかもブックオフで購入できたとはラッキーです。

人はいろんな理由で言い間違えるでしょう。
ケーキ屋で「モンブラン」を指さして「モランボン」と言う人は、間違えて覚えちゃっているのでしょうし、他にも言い間違えのパターンを類型化することは出来ると思います。

私の最近の興味は、音です。
手術」と言えない看護婦さんは、英語で Should you too... とも言えないでしょう。
日本語にない音は発音し慣れていないので、難しいでしょう。

妻Rの母Yは、妻Rとフィレンツェに行ったときに、「フィレンツェ」と発音できませんでした。
(今でも出来ないようです)
「ふぃ(Fi)」と言う音が、昔の日本語には無かったのではないでしょうか。どうしても「ふい(FUI)れんつぇ」と「う」の音が出てくるか、「ひ(HI)れんつぇ」になってしまいます。
(実際には、ツェの部分も、チェになる傾向があります)

かつての歌手、「欧陽 菲菲」も、きっとオウヤン・フィーフィーとならず、「ふいーふいー」となるか「ひーひー」になるはずです。

若い人は、トロフィー、フィービジネスなどという単語もありますので、苦労はないでしょう。

などと書いている私の横で、妻Rは「言いまつがい」を読みながら一人でクックックッと笑っています。

今計画をしているのは、妻Rの母Yが発音できない音を収集して、日本語にない音の組み合わせを見つけることです。(夏休みの自由研究)


nice!(0)  コメント(0) 

「なんで英語やるの?(中津燎子著)」文春文庫  通訳・翻訳 [読むべし外国語学習]

「なんで英語やるの?(中津燎子著)」文春文庫
参考になったことはたくさんあったのですが、通訳について書いて、感想のまとめとしたいと思います。

著者は小学生に英作文をさせるのですが、それは日本語から英語への置き換えではないということです。

「日本語と比較させるけれども、おきかえ作業を許さなかった。日本語文と英語文との二つの分は、共にある一つの事実をさしているけれど決しておきかえはきかないのだ。という常識を、いれたかったのだ。..... ある一つの状態を、日本語文と英語文の両方から、ほぼ完全に描写させると言う作業をあきる程させた時、子供たちの頭の中では通訳の基本作業の形が次第に整って来た。訳すと言うのは、言葉を訳すのではなく、状態を訳すのだ」(300-301ページ)

英語で話をしている時には英語脳で考えているのではありません。日本語脳、英語脳、フランス語脳などと言っていたら、脳がいくつあっても足りないですし、一つの言語で得た知識は、他の言語で考えるときには活用できないことになります。
言葉を使って考えているのであれば、言葉が存在しない新たな考えは生まれ得ないということになってしまいます。

似たようなことは、 「たった3ヶ月で英語の達人」 (志緒野マリ著) 詳伝社黄金文庫 でトコロテンの型として紹介されています。

私も跳び箱の例を使って説明したことがあります。

今年はこのトコロテンの型を使って外国語運用について説明をしてみようと考えている。


nice!(0)  コメント(0) 

「なんで英語やるの?(中津燎子著)」文春文庫  音について [読むべし外国語学習]

*[書評][学習法]「なんで英語やるの?(中津燎子著)」文春文庫を読んでショックを受けたことの一つは、日本人の音の多くがアメリカ人には聞こえていないということでした。


筆者の発音指導を行った、J.山城氏のコメント
「私は日本の人が間違いだらけのひどい英語を使うのを非難しません。正式に習得しなかったからね。しかしそれを、アメリカ人達が称賛しうけ入れるふりをして、裏面では、首をすくめて馬鹿扱いにし相手にもしない事が最も不愉快です。わからなければわからない、と言えばよいのです。そして又、それにだまされている日本人も不愉快です」 (42ページ)
J.山城氏は発音の指導しかやっていないことから、このコメントは日本人の発音についてのものと想定されます。

また、筆者が運営する英語学校で、発音がおかしい場合に「あなたの言ってる音がわかりませんと生徒に言い続けている」という発言に対しての在日十何年の女性のコメントは
「あなたはね、相手にわからない、とぴしゃりと言っても、そのあとすぐに何故、わからないかを説明し、納得させるだけの日本語をもっているでしょう。それにあなた自身が日本人で、現実に、いい発音をしている以上、日本人同士なら、耳を傾けて、自分でもひょっとしたら出来るかもしれないと思ってくれるでしょう。私たちアメリカ人は、何と言ってもアメリカ人なのよね。一心不乱に教えてみても、距離が埋まらないのよ。すぐにアメリカ人だから出来る、と考えてしまうの。それが現実よ。厳しく教えればよりつかないし、一寸問い返しても傷つく方が深くて、何とかしようと言う方向には決してゆかないのが、日本の人々のむずかしさなのよ。きき返される事を異常にきらうでしょう。あれは他の国の人々にはこれ程はっきり見られない特色ねえ。やっぱり、私たち外人は、外国人としてこの国にいる以上、むつかしい関係にはなりたくないのが当然でしょう。だから内心はともかく、がまんしてしまうのよ」(275ページ)

我々が思っている以上に、音は伝わっていないし、それについて指摘も受けていないようです。

私がラジオ講座で基礎英語をやったころは、もう30年近くも前の事ですが、テキストに発音記号が表示されていました。
日本語にない音を発音記号を通してしっかり学ぼうと、1年くらい格闘した気がします。

筆者は発音の指導について、原音レベル、単語レベル、文章レベルの三つを考えていて、それぞれ移行するポイントが英語教育に限らず言語教育のヤマ場であると述べています。(261ページ)
私はアルファベットの固有の音価としての原音は学校では習った記憶がありません。
私がそれに触れたのは、当時NHK教育テレビで放送されていた「セサミストリート」でした。
bag という単語の発音を学ぶときに、まずは[b][a][g]の三つの文字に分けて、それぞれの固有の音で切り離して発音します。[b][ae][g] (真ん中は aと eの間の曖昧母音)
その後、それをつないで発音すると、正しい bag の発音のできあがりです。

単語の発音が出来ても文章の発音が出来るかどうかは、また別の問題です。
結果としてネイティブに文章を読まれた場合に個別の単語を知っていても聞き取れないという事が起きます。
それは意味によって変化する文章のイントネーションと、学校で学んだ硬直的な上がり下がりイントネーションとの違い。あるいは、単語と単語のつなぎ目での音の結合・変化だったりします。
前者については262ページに、英語教科書批判の一部として紹介されています。
Good morning, everyone. という文に上がり下がりの線でイントネーションが表示されていて、それによれば Good は低く、mor で上がり、ning で下がるというものです。
後者については、It is の t と次の i がつながって発音されるというようなことなのですが、これを変な極端に推し進めると、本書で紹介されているように「There are は、ゼアラアと聞こえるからゼアラアと発音させる」というようなことになります。(27ページ他)
ゼアラアと日本人に聞こえるだけで、ゼアラアと発音しているわけではないのに。

前者については、義務教育での音読では身につきにくいでしょう。
これについては、英語の歌が良いのではないかと漠然と思っています。
最近の歌は意味の切れ目やイントネーションを無視して歌詞を曲に当てているからそうでもないのかも知れませんが。
後者については、当時のラジオ英語講座はしっかりと教えてくれました。

筆者の主張でハッとしたのは、
「少々、気をつけてきけば、外人英語には独特のメロディがある。それは必ず忠実につづりにそって音を出してつなぎ、特別の例外以外には勝手に音を消さないからだ。万一音を消しても、それに費やされた呼吸の分だけ、時間がかけてある筈だ。つまり音は消えても息はそのままだから、まが少しあく。殊に英国人はそうだ」(26ページ)
と言う点でした。


nice!(0)  コメント(0) 

「なんで英語やるの?(中津燎子著)」文春文庫 [読むべし外国語学習]

「なんで英語やるの?(中津燎子著)」文春文庫を読み終えました。
昭和49年度の大宅壮一ノンフィクション賞を受賞しているだけあって、読み物としてもおもしろく、また語学学習者・教育者にとってはとても刺激的な内容。
4日間で2回読みました。

昭和49年(1974年)のこの本の内容がまだ新しいと感じられると言うことは、相も変わらず日本の英語教育が方向転換に成功していないということでしょう。
「教育界に波紋を呼んだ」と裏表紙に書かれているのですが、波紋は大海の中の小さな波紋で終わってしまったようです。

税込み540円のこの本をブックオフで半額で買ったのだが、5,000円くらいの価値はあるのではないでしょうか。
全国の英語教師のみなさんに読んでいただきたいですし、英語幼児教育に熱心な勘違いお母さんにも読んでいただきたいと思います。

(眠いので続きはあとで)


nice!(0)  コメント(0) 

日本語が見えると英語も見える(荒木博之著)中公新書 [読むべし外国語学習]

日本語が見えると英語も見える(荒木博之著)中公新書
ようやく読み終えました。
非常に考えされられた本でした。
だいぶ前に読み終えていたのですが、咀嚼するのに時間がかかっています。
その過程でいろいろ私の頭の中では変化が起きていて、もはや本に書いてあったことと、それに刺激されて頭の中で醸成されていることとの区別がつかなくなってきています。

外国語で会話をしているときはそれは反射神経で会話している。(これは私の実感にも合う)
ところが、英語を日本語にあるいはその逆にしようとするときに葛藤が起きる。(外国語を一つ覚えると次の外国語の習得が楽になるのは、文法構造・単語の類似という点もそうだが、筆者の言うような中間日本語を経ての翻訳作業の仕組みが一度できているので、楽なのではないかと最近考えています)

一点、これはどうかなと思ったのは、「私は日本語の定まらない小学校3,4年までに英語「を」教えることには反対であるが、英語「で」教えるのは小学校1年生からでちっともかまわないと考えている(123ページ)」というくだり。
ぼくも幼児英語教育には反対の立場ですが、英語で算数や理科を教えるのはどうかというのは判断できません。

この本を面白いと思う人はそれほど多くはないと思いますが、私のバイブルの一つに加えたいと思います。

この本にかなりのページを割いて紹介されていた「なんで英語やるの?(中津燎子著)」文春文庫を読み始めました。
こちらもとても面白くなりそうな予感があります。お勧めです。


nice!(0)  コメント(0) 

「ぼくの英語格闘史」松本道弘著(アルク新書) [読むべし外国語学習]

「ぼくの英語格闘史」松本道弘著(アルク新書)を読みました。
ブックオフで105円でした。
学生時代には彼の本をたくさん読みました。
語学学習に役に立つ本かと聞かれると、105円の本だということになるかも知れませんが、彼がどうやって英語道に至ったかを知るには面白い本です。
彼の「Give と Get」は名作です。

その関連で、彼の主催する英語の試験、セミナーを発見。こちら
非常に興味がかき立てられました。
そのうち顔を出そうと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。