So-net無料ブログ作成
検索選択

日本語が見えると英語も見える(荒木博之著)中公新書 その2 [読むべし外国語学習]

日本語が見えると英語も見える(荒木博之著)中公新書
面白いです。
でも、これを面白いと思う人はそれほど多くないと思いますが。

これまでも「虹」が何色に見えるかという話で、言語によって切り分けが違うという話をしてきました。
しかしながら、これまでの私の理解は、例えば虹の例で言えば次のようになります。
日本では虹には七つの色がありますが、Aという言葉では二つの色しかありません。
これを明るい色と暗い色としましょう。
この場合、日本の赤も黄色も、Aでは「明るい色」となります。
逆にAの「明るい色」は赤だったり黄色だったりします。
それは状況によって決まります。

ところが、この本を読むとその考えは薄っぺらだったと思い知らされることとなります。
先ほどの「明るい色」が赤だったり、黄色だったりするのですが、赤でもあり黄色でもある場合があるということです。
先日書いた「けなげ」などの例がそれにあたります。
この場合、「明るい色」の日本語訳は、「赤かも知れないし黄色かも知れない」ではなく、「赤であり黄色である」ということになります。

言葉により切り分けが違うから、外国語と日本語の単語に1対1の対応を期待してはいけないと言っておきながら、自分はそこから抜け出せていなかったのです。

日本の和英辞典の多くが一対一の英単語を割り振っている点について、著者は一対一の呪縛にとらわれているとして批判しています。
鈴木孝夫氏は「日本のことを海外に伝えようと言うアウトプットの努力がこれまで為されてこなかったことから和英辞典が貧弱である」としていましたが、どちらも面白い見解です。

同様のことは単語のレベルだけではなく文章のレベルでも起きます。
英語に直すときに日本語では受け身的表現を英語では能動態で表現するとか、英語に特徴的な無生物主語とか。
文型も一対一の対応があると思ってはいけないということです。

日本語を英語に訳すときに、まずは単語/文章のレベルで英語にしやすい日本語に言い換えて、それから英語訳をするということは良く行われているテクニックです。
この一旦置き換える作業を著者は「中間日本語」という概念を出して説明しています。


nice!(0)  コメント(0) 

「日本語が見えると英語も見える(荒木博之著)」中公新書 [読むべし外国語学習]

「日本語が見えると英語も見える(荒木博之著)」中公新書を読み始めました。
これは何か面白そうな予感。

日本語の言葉は多義的でファジーであるという。
例えば「けなげ」という語を和英辞典で引くと、admirable, diligent, hardworking などの単語が出てくるが、そもそも「けなげ」には、弱小性、逆境性、忍耐性、勤勉性のニュアンスがあるので、簡単に一つの英単語に置き換えることはできないと主張する。
よって、admirably diligent and hardworking と複数の単語を合わせてニュアンスを出すべきと言うことだ。

確かに「しどろもどろ」など英訳しろと言われると詰まってしまう。
「かんばしい」なども難しい。

私「『かんばしい』を英語に直してみな」
妻R「かんばしぃえーしょん! (Conversation)」
私「!?」

恐るべし妻R


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。