So-net無料ブログ作成
検索選択

英語 確実に身に付く技術(山田光顕著) KAWADE夢新書 [読むべし外国語学習]

「英語 確実に身に付く技術(山田光顕著)」KAWADE夢新書を読みました。
ブックオフで105円で買ったものです。
105円の本でした。110円でも良いかも知れませんが。

「専門教育なし、海外経験ゼロ。日本でごく普通に暮らす著者が「英語を確実に身につけたい」と独学を開始。数年内に英検1級、TOEIC900点の難関を突破。低コストで効果的な驚きの学習技術を全て公開」
という言葉につられて読むと大変です。
二年半「TIME」を読み続けたとか、ディクテを続けるとか、独学で筆者のような勉強をやろうとすると鉄の意志と時間が必要だということになります。

書いてあることは概ね納得できる内容ですが、あちこちで書かれている話なので特に目新しさは無いです。

そうした中で興味深かったのは、

1.ディクテーションの効用を強く説いていること。
2.Native の講師は日本語が上手でない場合生徒の疑問が分からないが、生徒の方も自分がなぜ分からないかをNativeの講師に説明できない。
3.担任制でない場合担当講師がころころ変わるわけだが、その場合にイギリス人だったりアメリカ人だったりオーストラリア人だったりすると、発音の習得に悪影響を与えると言うコメント。

1.ディクテーション。そう言えばやっていた時期があったような気がします。
きちんと聞き取れているかどうかは、やはりテキストのあるもののヒアリングをしないと確認できません。
慣れてしまえば(短いテキストであれば)ディクテーションしなくとも聞き終わった後に原稿を見ることで聞き取り具合を確認できます。
当時はEnglish Journal などでそれをやっていたと思います。二三年前も、NHKのラジオ講座を聴いて、聞き取れないときだけ本屋で立ち読みして確認していたりしていました。
フランス語の場合は特にディクテが教育の大きな分野を占めており、フランス語検定1級の一次試験でも大きな配点をつけています。
特にフランス語の場合は、発音されない語尾の e とか、発音していないのに発音していることになっている語頭の h とかありますので、文法、語彙の正確な知識がないと、ディクテは難しいです。
その点、英語のディクテーションは楽です。
これが慣れてくると、シャドーイングに進んでいきます。

2と3は全く考えつかなかった点でした。


nice!(0)  コメント(0) 

「英語できますか? 究極の学習法 (井上一馬著)」新潮文庫 [読むべし外国語学習]

「英語できますか? 究極の学習法 (井上一馬著)」新潮文庫を読みました。
ブックオフで105円だったと思いますが、まあ、読まなくて良い本です。

第一章で「合理的無知」という概念が紹介されます。
「あるひとつのことを知ることによって得られるメリットと、それを知るためにかかるコスト(デメリット)を合理的に考えて、コストがメリットを大きく上回るような場合には、それについて勉強する価値はないと判断して、勉強を合理的に放棄する」という考え方と説明されています。

様々な外国語学習書は、
1.外国語を学ぶのは善である
2.外国語を学ぶからには、上手にならなければならない
という前提で書かれています。

そうした中、「そもそも外国語を学ばなくても良い人もいる。外国語が本当に必要かどうか、よく考えよう」とはっきり言っているのは、社会言語学の鈴木孝夫氏くらいでしょう。
この本でも著者は「合理的無知」を引き合いに、これまでは知らなくても良かった人はたくさんいたとしつつも、現代に於いては、もはや「合理的無知」を理由に英語をやらなくて良い人はほとんどいないと言っています。

「合理的無知」という概念を出してきたのは拍手ですが、だからといって、今では英語をやるメリットがある人がそんなに多くなっているとは私には思えません。

著者が最も書きたかったと言っている第9章。
目新しいことは何もありません。
シュリーマンの外国語学習法にヒントを得たと書いています。

シュリーマンは、「興味あることについていつも作文を書くこと、その作文を先生の指導を受けて訂正し暗記すること、まえの日に直されたものを覚えて、つぎの授業に暗唱すること」187ページ
を必要としていますが、著者は、ライティングはスピーキングの延長線上にあると考え、「興味あることについていつも話をすること」と、独り言の効用を述べています。
ただし、シュリーマンと違って、「先生の指導を受けて訂正し暗記すること」については、物理的・経済的に難しいといて、必要としていません。

スピーキングとライティングが近いという話は、私が中学生の時から述べられていたことで今更何をという感じです。
ここについては、私はむしろスピーキングに行かずに、答えが付いている英作文の問題集を数多くこなすことの方が、正しい単語・構文を覚えるという意味で、効果があると考えます。
独り言の効用については、ロンブ・カトーもピーター・フランケルも、澁澤寅彦も述べていますので否定しませんが、きっちりと英作文をやることが必要です。

また、シュリーマンは何百ページにも及ぶ本を音読し暗唱することで、(辞書を引かず文法書を読まなくても)単語を覚え文法を身につけたのですが、その部分については著者は採用していません。
確かに、現実的には無理な話ですが、音読の効用等については触れてもらいたかったです。
また、パターンプラクティスを軽視している感があるのは、残念です。


nice!(0)  コメント(0) 

「日本語のうまい人は英語もうまい」(角 行之著)講談社+α新書 [読むべし外国語学習]

「日本語のうまい人は英語もうまい」(角 行之著)講談社+α新書を読み終えました。
ブックオフで350円だったのですが、100円でも良かったかも知れません。

私が外国語上達法を探し求めている一方で、この本は、今の語学力でいかにしてコミュニケーションをとるかを狙いとしています。(と、いいながら、具体的な手法については詳しく書かれていない)

同時に、TOEICと日本語能力検定の点数の相関を見て、「日本語のうまい人は英語もうまい」と何十回も繰り返します。
技術者としては根拠が薄い説明の仕方です。

「日本語のうまい人は英語もうまい」かどうかはわかりませんが、「英語のうまい人は日本語もうまい」という気はしています。

かろうじて面白いと思った箇所は
・TOEIC高得点の帰国子女とのインタビューで聞いた内容として
「こういう達人は、会話用カセットが日本語版・英語版と二本用意されていて、必要なテープを装填すればすむらしい」(102ページ)
これは、私が書いてきた「ところてん方式言語変換」を裏付けるものである

・book keeping という英語から「簿記」という日本語を作ったのは福沢諭吉ではないか(115ページ)

この二カ所でしょうか。

読まなくて良いです。


nice!(0)  コメント(0) 

星の王子様を読む [読むべし外国語学習]

先月の出張の時、パリのシャルルドゴール空港のトランジットの間に「星の王子様」を買いました。
イタリア語を学び始めた頃に、イタリア語版で買って読みました。今回は今更ながらフランス語版を購入。

星の王子様については、内容がわかりやすいので、子供向きと見られて学習初期に手にされることが多いと思うのですが、文法的にはかなり複雑で、「うーむ」とうなる箇所も多々あります。

だからといって、初級者は遠ざけるべきということにはならないと思います。
我々も成長する過程で、子供の時は複雑な文章は耳にしないで済ますなどという選択はできませんし。
ピーター・フランクルが最初に読んだフランス語の本も「星の王子様」でした。(「ピーター流外国語習得術」(岩波ジュニア新書)31ページ)
ドイツ語の権威の関口存男は、14歳の時にドイツ語版の「罪と罰」を買ってきて、片っ端から一語一語全部辞書を引いて読み始め、これを二年間続けたそうです。(「英語のたくらみ、フランス語のたわむれ」(東京大学出版会)66ページに紹介されたエピソード)

「「星の王子さま」をフランス語で読む」(ちくま学芸文庫)などという本も出ているので、頑張って読むべし。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。